eバイクは最近注目の自転車!その特徴とは

自転車

 

ママチャリなどで定番になっている電動自転車ですが、

最近はクロスバイクやマウンテンバイク(MTB)、

ロードバイクにもモーターをつけた

 

eバイクが販売されるようになりました。

 

そして観光地ではレンタルされるケースも

珍しくなくなってきたのも事実です。

そんなeバイクの魅力や特徴、注意したいポイントについてまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク






eバイクはとにかくラクチン

 

eバイクは冒頭でもお話しした通り、

スポーツタイプの自転車にモーターを搭載したものです。

 

このモーターはスポーツタイプらしく力強くて

スタイリッシュなデザインのものが採用されています。

通常のスポーツタイプの自転車でも辛い急坂や峠道なども

eバイクに乗れば、

プロの自転車選手並みのスピードで駆け上がることができるのです。

 

それに自転車の手ごわい相手である逆風が来てもスイスイ走れます。

 

そんな性能なので、鍛え抜かれたアマチュアの男性サイクリストが

息を切らして登っているのを横目に、

eバイクに乗るサイクリング感覚で来た軽装な女性が

簡単に追い抜いていくことも珍しくありません。

 

男性サイクリストの方には気の毒ですが、

とにかくバッテリーの続く限り長距離でも急坂でも

簡単に進んでいくことができるのです。

 

また、多くのモデルで

メーターなどの表示機器が搭載されているので、

どのくらい走ったのか、

どのくらいの速度で走っているのか

と言ったことも簡単に見ることもできます。

 

原付やオートバイとも違うので、

いきなり発進して怖い思いをすることもありません。

 

とにかく気軽に安心してスイスイ乗れてしまうのが

eバイクなのです。

 

 

eバイクはハイテク

 

eバイクはハイテクです。

様々な表示や操作機能、モーター以外にも質感の高い部品、

モード切替ができるといった点がそう感じさせてくれます。

 

表示機能や操作機能は、先ほども触れたメーター類の他に

バッテリー残量が目立つところに表示されていたり、

ボタン類が配置されていたりとメカニカルです。

スポンサードリンク

 

表示がカッコいいのでメカ好きな男性はもちろん、

操作性の良さで機械が苦手な女性の方にも

優しい設計になっています。

 

それでいてオートバイのような複雑さもないので、

気軽にハイテクな体験ができるのです。

 

モーター以外にも質感の高い部品が使われているのも

ポイントと言えます。

スタイリッシュに走っているスポーツ自転車と

同じ素材(カーボンなど)や

同じ部品(ハンドルやサドルなど)を使っているので、

電動アシストの自転車よりも高い質感です。

 

そのため乗っていてあたかもスポーツをしているような感覚になり、

テンションも上がりやすい自転車と言えます。

 

モード切替もできるので、

自分の乗り方にあった乗り方ができるのもポイントです。

 

速いスピードを重視したモードや

より遠くに行くための省エネモード、

バランスよく楽しみたいモードなど、

アシストの方法が選べます。

 

シチュエーションに合ったモード選択で楽しく自転車に乗れるのです。

 

 

eバイクの注意点

 

eバイクは注意点もあります。

それは高額なこと、

そしてバッテリーが切れたらとても

重い自転車になってしまうことです。

 

eバイクは、まだ出たばかりなので高額です。

 

ものによっては100万円を超えるものもあり、

購入には躊躇する方もいます。

 

最近は観光地でも盛んにレンタルされていますから、

まずはレンタルで楽しむのがおすすめです。

 

バッテリー切れにも注意しましょう。

バッテリーもスポーツタイプで軽くなっていて、

カーボンを使った軽量な自転車になっているという状態になってはいます。

 

しかし、バッテリー切れを起こすと

ママチャリのように重い自転車になってしまいますから、

バッテリーの残りの量に注意して楽しむのがオススメです。

 

 

まとめ

注意点で終わりになってしまいますが、

基本的に楽しい自転車です。

もし、身近なところにレンタルできるところがあったら、

一度体験してみるのもいいかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました