電動アシスト自転車は土手以外の傾斜にこそ役立つ

体験記

 

バッテリーが付いていて、坂道を漕ぐのが楽になる電動アシスト自転車は、

存在は知っていても意外と乗ったことはない人も多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人だったのですが、

だからこそ電動アシスト自転車にちょっとした憧れのようなものもあり、

働き始め仕事に慣れてから体力・時間に余裕ができた頃に、

ダイエットも兼ねてなにかアウトドアの趣味を作りたいと思いサイクリングを選び、

電動アシスト自転車を購入しました。

結果から言うと、電動アシストは感動するくらい効果的でした。

 

スポンサードリンク






電動アシスト自転車の実際の作用

電動アシスト自転車は坂道が楽になるという話ばかり聞くので、

本体の傾斜か何かで作動する坂用なのかと思っていましたが、

実は速度が一定以下だと電動部分の補助を受け、

スピードが出やすいという仕組みらしいです。

 

なので坂以外でも、乗り始めたり信号待ちで止まったりして、

動き始めてスピードが出るまでの時間も楽で短くなります。

坂道では必然的に速度が落ちるので電動部分が動くので楽、とのこと。

 

 

私の住んでいる地域の自転車に対する問題点

それで特に電動アシストの効果が感動的だと思ったのは、

土手に登る時の目に見える坂ではなく、

むしろそれ以外の普通の道でした。

 

私が住んでいる家は、

地形的に周囲の全方向より高さが低くなっています。

 

日本は山が多いので坂が多い地域も多いですが、

私の住んでいる地域は曇っていても2つ、

晴れていれば3つ山が見える程度には山が近く

囲まれている地域なので、その影響で坂だらけです。

 

山が見えない方向はすぐに大きな川で目の前に土手があるので、

私の住んでいるところは一番低い地形、というわけです。

 

歩いたり車に乗る分には意外と気にならないのですが、

この全体的な道の傾斜が自転車的には問題になります。

 

動力が乗っている人間依存なので、

傾斜の比較的緩い上り坂が続くのも、

負担を増加させるんですよね。

 

私が太っているのもありますし、

田舎なのでコンビニまでちょっと距離があるというのもあり、

スポンサードリンク

アシストがないとちょっと買い物するのにもかなり足が疲れます。

 

学生時代などは、山沿い特有の強い風が向かい風になると、

体力のあった若い頃ですら駅につく頃には

疲労困憊だった記憶があります。

 

 

実際に電動アシスト自転車に乗って

電動アシスト自転車を買ったのはそのものへの憧れと、

電気店など色んな店が川を越えた所にあるので

その前の坂を登りやすくして、

 

自転車で買い物に行きやすくするためでもあったのですが、

そっち方面じゃない方向へ行く時にこそ、大活躍です。

 

授業で運動していた学生時代あれだけ辛い思いをしていた坂道が、

運動不足で体力が落ちてるのにスイスイと

立ち漕ぎをせず軽く踏み込むだけで進めて、

コンビニまでついても汗一つかいていない事があるほど。

 

基本的に川の方向以外は目的地まで常に上り坂なのにこの楽さは、

なんとも言えない感動を生みました。

 

 

まとめ

 

普段の走行が楽になったので気軽に自転車で遠出もしやすくなり、

普段行ったことのない地区に行って迷いながら風景を楽しんでいます。

 

スイスイと簡単に乗り進められるのが楽しいので、

休日は大体何時間もサイクリングをしていますし、

アウトドアの趣味を作るという点ではまさに大成功と言えます。

 

本当に羽でも生えたのかというような軽さという

陳腐な表現でしか言い表せず、

上手く人にこの感動を伝えられないのが悔しいです。

 

ただ、あまりにも自転車を漕ぐのが楽なので、

目的の一つでもあったカロリー消費してダイエットとという点では

どうなんだろうと思わなくもありません。

 

一応長距離乗ってると疲れますし汗もかくので

カロリーは消費してるとは思うんですが、

電動アシストが働く機会が多いので

消費カロリー量かなり減ってる気はしますね。

まあ急な坂道どころか周辺全ての道が楽になった感動と、

遠出して見たこともない地域の景色を走る楽しさに比べれば、

些細な問題だと思うので、

 

坂道の多い街や山に近い地域に住んでいるなら、

自転車は電動アシスト自転車にすることを強くおすすめしたいです。

タイトルとURLをコピーしました