ロードバイクの変速機について思う事

自転車

 

ロードバイクはママチャリにはない、

非常に多くの種類の変速機があります。

 

その中でもロードバイクに乗るには変速機は

最低でも105(イチマルゴと呼びます)という意見があり、

それより下のグレードの変速機のロードバイクは

乗らない方がいいという方も少なくありません。

 

そんな意見に対して個人的にはそこまで気にすることはないんじゃないか、

という思いについてお話ししていきます。

 

スポンサードリンク






ロードバイクの変速機は最低でも105?そもそも変速機の105とは?

 

そもそも変速機の105とは何でしょうか。

ロードバイクの世界では、

大阪のシマノという会社が絶対的なシェアを持っています。

 

国際的な知名度の高いツールドフランスでも

8割近くがシマノの変速機を使ってレースに参加しており、

一般的なロードバイクもそれに近いシェアを

シマノの変速機が占めているのです。

 

そんなシマノのロードバイク用変速機は様々なラインナップがあり、

その中に中上位モデルとして105が存在しています。

 

このモデルはちょうど

上位モデル(プロなどが使うデュラエースやアルテグラ)と

中下位モデル(ティアグラ、ソラ、クラリス、ターニー)とを結ぶモデルであり、

シマノの売れ筋変速機でもあります。

一部の方からは、この105が最低のラインという意見があるのです。

 

ロードバイクの変速機105がオススメな理由

 

もちろん最低でも105という意見の方には

オススメな理由がきちんとあります。

それは、上位と同じ部品が流用できる

上位に迫る性能を持っていると言った理由です。

上位と同じ部品が流用できるという点は、

105は多くの部品で上位のデュラエースやアルテグラと

同じ部品に置き換えができます。

そのため、デュラエースやアルテグラを使うベテランの方の

お下がりの部品をつけることも可能なのです。

 

そういった理由から105がオススメする方もいます。

スポンサードリンク

 

また一部分だけアルテグラにすると言ったミックスもできるため、

将来的なアップグレードが簡単です。

 

これはティアグラやソラと言った下位モデルでは、

なかなかできない特徴と言えます。

上位に迫る性能を持っているのも特徴です。

上位の変速機と同じ部品が流用できるというのは、

言い換えれば上位に迫る性能を持っているといえます。

確かに変速のスムーズさなど越えられない壁はありますが、

比較的近い感覚で乗れることからオススメしている方もいるのです。

 

ロードバイクの変速機は105でなくてもいい理由

 

冒頭でもお話しした通り、105でなくてもいいと思います。

確かに部品の流用ができたり、

性能がそこそこ高いという特徴はあるものの、

ティアグラやソラでも十分に高い変速能力があります。

しかも105は先ほどお話ししたユーザーの意見や強いニーズがあるため、

搭載したロードバイクは、

 

若干強気な価格設定になっていることも珍しくありません。

 

ロードバイクは通常のママチャリやクロスバイクよりも

高額なものばかりなので、

出費としてはかなり高額です。

そのため、より長く乗れるものを選びたいと考え、

やや高めな105を選ぶ方も少なくありません。

ただ、肝心のロードバイクの趣味が長くできるかどうかは

分からない面もあります。

 

まとめ

 

途中であきて、ロードバイクの趣味を辞めてしまう方も少なくないのです。

そういった意味で、

まずは気軽に買える価格帯(それでも最低10万円程度しますが)の

105以外のモデルを買ってみて、

長く続けられそうだったら検討してみるというのもいいのではと考えます。

最近ネットを始め、様々な面でコスパという言葉がはやっていますが、

105を買うことは、短い趣味で終わってしまう方にとって、

必ずしもコスパがいいとは言い切れません。

 

そのため、長く使えそう、コスパがよさそうという理由で

安易に高額な105を買う必要はないのでは、と考えます。

タイトルとURLをコピーしました