ロードバイクのカーボンタイプは初心者にはNG?

自転車

 

ロードバイクは、そのスポーティーな外観や性能から

人気のあるジャンルです。

そんなロードバイクですが、

主にカーボンで作られたものとアルミで作られたものが売られています。

 

実際にロードバイクを買いに行ったら、

そのいずれかで迷うケースも少なくありません。

 

特にロードバイクのカーボンタイプの方が質感が高く、

カッコいいデザインが多いことから、

初心者が購入するケースも増えています。

 

一方、そういったケースに警鐘を鳴らす方もいるのです。

 

そこで今回、初心者はカーボンタイプのロードバイクを

買ってはいけないのか、

買うとしたらどんなことに注意すればいいのかについてまとめました。

 

 

スポンサードリンク






初心者でもロードバイクのカーボンタイプを買ってもいい

結論を言うと初心者でもロードバイクのカーボンタイプを買っても、

問題ありません

 

デザインも良く、性能もアルミで製造されたものよりも軽く、

走り心地も優れたものが多くあります。

 

初心者でも扱いやすいロードバイクのアルミタイプに乗るべき

という意見もありますが、

決してそんなことを気にする必要はないのです。

 

かつては新素材という特徴から、

扱いには厳しく、慣れない初心者が扱うと

簡単に壊れてしまうということも少なくありませんでした。

 

しかし、現在は十分なノウハウが蓄積され、

強度も問題なくなってきたのです。

 

その扱いが厳しかった時代の経験から

選ぶべきでないという意見もあるといえます。

また、形から入るという方もいますから、

最初からロードバイクのカーボンタイプを購入して

モチベーションをあげるというのも十分ありです。

 

趣味は楽しむもの、

そんな観点からカーボンで作られた本格的なロードバイクで

テンションをあげるのも良いのではないでしょうか。

 

乗るだけでなく、

一般車(いわゆるママチャリ)にはない質感を眺めるだけでも

十分楽しめる初心者の方もいます。

とにかく初心者でもロードバイクのカーボンタイプが欲しい

と思ったら買っても問題はありません。

スポンサードリンク

 

初心者がロードバイクのカーボンタイプを買う上で注意すべきこと

ただ、初心者でもロードバイクのカーボンタイプを買っても問題ないものの、

いくつか注意すべき点はあります。

 

それは、無駄遣いにならないか、

管理はできるかの2点です。

 

台湾や中国での製造が本格化したため、

ロードバイクのカーボンタイプは以前に比べて、

比較的安価に底入るようになりました。

 

しかし、ロードバイクのアルミタイプに比べて現在も価格差は大きく、

最低でも10万円近い差があります。

 

この10万円近い差が

自分にとって十分な価値を与えてくれるものかを

一度考えてみましょう。

 

もしそうであれば、躊躇なく買っても構いません。

 

しかし、買ってもすぐに置き物になりそう、

あるいは別の趣味にもお金を使いたいという方は

購入前に一呼吸置きましょう。

 

衝動的にロードバイクのカーボンタイプを買っても、

それは大きな無駄遣いになってしまうこともあるのです。

 

ロードバイクのカーボンタイプは管理も注意しましょう。

素材のカーボンは屋外のアクティビティに使うものとしては

致命的な金属に比べて

紫外線に弱いというものがあります。

 

走っている時だけ使うのであれば全く問題ありませんが、

一般車と同じように外に置いておくというのは、

寿命を一気にはやめてしまうのです。

 

室内保管、あるいはせめてシートをかける程度の工夫が要求されます。

また、セキュリティにも注意が必要です。

 

ロードバイクのカーボンタイプは

そのカッコよさや転売した時に高額になることから

盗難の対象になります。

 

乗るのが楽しくて繁華街へ街乗りに使ったが最後、

帰りは盗難されてタクシーで帰宅ということもあるのです。

 

そのため、街乗りでは使わない、

長時間目を離さないといった管理もしっかり行いましょう。

 

まとめ

ネットで調べると分かりますが、

ロードバイクのカーボンタイプは、軽量で分解しやすいので簡単に盗まれます。

 

最後はやや脅かすようなことをお話ししていしまいましたが、

2つのことを考えさえすれば、

初心者でもロードバイクのカーボンタイプは十分にありです。

心から楽しめるロードバイク選びをしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました