ロードバイクいまさら聞けない!良い点、悪い点の紹介

自転車

 

ロードバイクを街角やドライブ中、目にする。

そんなロードバイクに憧れ、

購入を検討する方もいるかもしれません。

 

そんなロードバイクの良い点は、

とても魅力があります。

 

ただ、その反面ロードバイクの悪い点も存在します。

今回、ロードバイクの良い点、悪い点についてまとめました。

 

 

スポンサードリンク






ロードバイクの良い点

ロードバイクの良い点は、

速いことや遠くまで乗れること、

整備がしやすいことです。
ロードバイクは、タイヤも細く、

 

ホイールや本体であるフレームが軽いため、

同じ力でもママチャリより速く走ることできます。

そのため、

今まで時速10キロ程度で一生懸命漕いでいたものが、

その倍以上のスピードで漕ぐことも簡単なのです。

 

更に本気で踏み込めば30キロ以上と、

自転車とは思えないスピードで走ることもできます。

この良い点は、

より遠くまで行けるというメリットでもあるのです。

速く移動できる分、

同じ時間でも遠くまで移動できます。

今まで自転車では行けなかった

遠くの場所までたった1時間程度で移動できてしまうことも

無理なことではありません。

 

意外と知られていませんが、整備がしやすいこともポイントです。

 

例えばタイヤがパンクした時も、

ママチャリの場合はホイールを外して直接チューブを修理したり、

交換すると言ったことが困難ですが、

 

ロードバイクは簡単にホイールを外して交換することもできます。

また、ママチャリでは難しい部品交換

チェーンやブレーキパッドの交換など)も

自分でできる場合が少なくありません。

このように慣れてくると

自分でほとんど整備できるという点も良い点です。

 

ロードバイクの悪い点

ロードバイクの悪い点は、

一言でいえば実用性に乏しいということです。

 

具体的には普通の服装では乗りにくい、

乗る姿勢が若干辛い、

盗難されやすいと言った面が挙げられます。

 

ロードバイクはママチャリなどのような

スポンサードリンク

チェーンの油から衣服を守る

チェーンガードがついていません。

そのため、スカートやゆったりしたズボンで乗ると、

チェーンに衣服が絡まってしまいます。

また、ぴったり目のジーンズなどでも

油が飛んで汚れてしまうこともあるのです。

せっかく速く、遠くに移動できても、

着いたらズボンの端が傷つき、

汚れていたらとても残念ですし、

 

万が一ズボンが絡まって

ロードバイクがバランスを崩したらケガをしてしまいます。

 

そのためぴちっとしたズボンや

多くの方が連想するような

ロードバイクの独特な格好で乗らなければいけなくなるのです。

 

乗る姿勢も若干辛い点も悪い点と言わざるを得ません。

 

ママチャリやクロスバイクは

サドルにどっかり座った姿勢で乗ることができます。

しかし、ロードバイクは構造上どうしても、

やや前傾姿勢になってしまうというのが特徴です。

これは速く走るのに有利な構造なのですが、

乗りなれていないと、かなり違和感を感じます。

この違和感でロードバイクが苦手になる方も、一定数いるのです。

 

 

盗難もされやすいと言えます。

 

ママチャリは足代わりに盗難することが主な理由ですが、

ロードバイクはそれに加えて、

分解すれば高価な金額で転売できるなど

換金目的で盗難するケースも少なくありません。

 

また、ママチャリに比べて圧倒的に軽く、

分解もしやすいので盗みやすいという弱点もあるのです。

繁華街や人通りの多いところなど

長時間放置をしなければある程度予防できますが、

不用心でいると簡単に盗難されてしまいます。

 

まとめ

このように悪い点もありますが、きちんと管理をしたり、

使い方をしっかりしていれば、とても便利で楽しい自転車です。

もし興味があれば、きちんとセキュリティや服装に注意して

入手してみてはいかがでしょうか。

きっと今まで体験したことのないような自転車ライフが待っています。

タイトルとURLをコピーしました